ソフトバンク光キャッシュバックキャンペーン比較

  1. ソフトバンク光比較サイトへ
  2. 転用の申し込み方法

当サイトは特に記載がある場合を除き全て税抜き表示です。

ソフトバンク光転用の申し込み方法

ソフトバンク光の申し込みには「新規」「転用」と2種類存在します。それぞれの申し込み方法が若干異なることをご存知でしょうか。

両者の違いとは、転用で申し込む場合、転用承諾番号が必要となることです

新規申し込みならそのまま申し込むだけで大丈夫です。しかし、転用申し込みだと転用承諾番号が必要となるので、新規より若干手間がかかります。

とはいっても、役所にいって住民票が必要だとか書類を送らないといけないとかそんな面倒な手続きではないので安心してください。

当ページでは、転用承諾番号の取得方法や転用申し込みの方法をご紹介します。転用で申し込みをされるなら参考にされてみてはいかがでしょうか。

尚、新規と転用との違いは「ソフトバンク光の新規と転用の違いを解りやすく解説」で詳しくご紹介しております。「新規と転用は何が違うの?」なんて方はこちらもご覧になってみてください。

転用承諾番号の取得方法

そもそも「転用承諾番号って何?」と思ってらっしゃる方もいるでしょう。

転用承諾番号とは、フレッツ光からソフトバンク光へ円滑に乗り換える為に必要な番号のことです

転用で申し込むにはまず、この転用承諾番号の取得が必要となります。

では、その取得方法をこれからご紹介します。

ステップ1:申し込みに必要なものを用意
  1. お客様ID・ひかり電話番号、またはご契約者の連絡先電話番号
  2. 契約者名
  3. フレッツ光ご利用場所住所
  4. フレッツ光利用料のお支払い方法

※(1)~(3)は「フレッツ光開通のご案内」で確認できます。

※お客様IDは、「CAF」や「L」で始まる番号です。

※お支払い方法は「毎月の請求書」で確認できます。

以上のように必要なものを用意します。「フレッツ光開通のご案内」と「ご利用明細書」の2点があれば(1)~(4)までわかるので特に苦労することなく用意できるでしょう。

もし、「開通のご案内」を紛失された場合は、0120-116-116(午前9時~午後5時 土日祝日可)。こちらに連絡すれば再度郵送してもらえます。

ステップ2:転用承諾番号発行

転用承諾番号の発行はお住いの地域が東日本と西日本で異なります。

東日本での手続き方法

手続方法は「電話での手続き」と「インターネットでの手続き」の2種類があります。

  • 電話で手続き「0120-140-202
    受付時間:9時~17時 土日祝日可(年末年始除く)
  • ネットで手続き「東日本の転用手続きをクリック
    受付時間:8時~22時 土日祝日可

西日本での手続き方法

手続方法は「電話での手続き」と「インターネットでの手続き」の2種類があります。

  • 電話で手続き「0120-553-104
    受付時間:9時~17時 土日祝日可(年末年始除く)
  • ネットで手続き「西日本の転用手続きをクリック
    受付時間:7時~深夜1時 土日祝日可

以上のように電話、もしくはインターネットから手続きをすると転用承諾番号を取得できます。転用承諾番号は申し込みの時に必要なので必ず控えるようにしてください。

ステップ3:ソフトバンク光を申し込む

転用承諾番号を取得しましたらソフトバンク光の申し込みを行います。

当サイトではソフトバンク光のオススメ代理店をご紹介しておりますのでそちらも合わせてご覧ください。
ソフトバンク光キャッシュバック比較!キングオブ代理店はココだ!

転用申し込みの注意点

転用申し込み時の注意点についてご案内します。

それは、転用承諾番号には有効期限があることです。

有効期限は転用承諾番号を受け取った日から15日間です。

もし、有効期限内に申し込みをしなかったら転用承諾番号は無効となります。無効となった場合、また最初から取得し直しになります。申し込みはなるべく早めにすることをオススメします。

しかしながら、どうしても申し込みが遅れることもあるでしょう。そして、有効期限がいつまでなのか忘れてしまうこともあるでしょう。そんなことのないように裏技をご紹介します。

実は、転用承諾番号番号には有効期限が記載されているのです

転用承諾番号は以下のような形式で発行されます。

  • E0822017454
  • W0125003678

一見、ただの番号の羅列のようです。しかし、この中に有効期限が隠されているのです。

転用承諾番号は「E:東日本(east) or W:西日本(west)」 + 「有効期限(4桁)」 + 「発行番号(6桁)」で成り立ちます。

先程の転用承諾番号の例で解説しましょう。

  • E0822017454 → 東日本 + 有効期限8月22日まで + 発行番号017454
  • W0125003678 → 西日本 + 有効期限1月25日まで + 発行番号003678

このようになります。有効期限はアルファベットの後の4桁になりますのでこれさえ覚えておけば有効期限を忘れることもありません。「転用承諾番号を取得したのに申し込みが遅れそう」なんて時には是非ご活用ください。

まとめ

以上、ソフトバンク光転用の申し込み方法についてご紹介しました。

新規はそのまま代理店で申し込めば問題ありません。

しかし、転用は申し込む前に転用承諾番号の取得が必要となります。だた、転用承諾番号の取得に対して身構える必要は全くありません。

用意する書類は2点。

  • フレッツ光開通のご案内
  • 毎月の請求書

これらを用意すれば転用承諾番号取得に必要な項目はわかります。後はNTT東日本かNTT西日本で手続きすればOKです。

そして、ソフトバンク光に申し込めば転用申し込みの完了です。注意点としては、転用承諾番号には有効期限がありますので気をつけてください。

ソフトバンク光の転用をご検討されるなら当ページを参考にしていただけると幸いです。

ソフトバンク光代理店キャッシュバックランキング

ページトップへ戻る