ソフトバンク光キャッシュバックキャンペーン比較

  1. ソフトバンク光比較サイトへ
  2. ソフトバンク光の8日間キャンセルを知っておこう

当サイトは特に記載がある場合を除き全て税抜き表示です。

ソフトバンク光の8日間キャンセルを知っておこう

公開日:2019年5月24日

  • ソフトバンク光の速度が遅すぎる
  • 営業から充分な説明をされず、強引にソフトバンク光に申し込みさせられた
  • ソフトバンク光代理店のキャッシュバックが聞いていた内容と全然違う

もし、ソフトバンク光に申し込んで、このような状況だったら、あなたならどうしますか?

泣き寝入りしますか?それともクレームを言いますか?

ソフトバンク光の工事をする前ならキャンセルしても違約金はかかりません。

しかし、ソフトバンク光の工事が完了し、ソフトバンク光を使い始めたら解約すると違約金がかかります。

実は、ソフトバンク光の利用を開始して、すぐに解約したくなった時に使える制度があります。

それが、『初期契約解除制度』です。

初期契約解除制度は、別名「8日間キャンセル」ともいいます。

わかりやすくいうと、光回線のクーリングオフです。

ここで、8日間キャンセルについての概要をお話しましょう。

8日間キャンセルの概要より先が知りたい人は、恐れ入りますが次項の「ソフトバンク光の8日間キャンセルの条件」をご覧ください。


2016年5月に「電気通信事業法」の一部が改正されました。

電気通信事業法の改正に伴い新たに導入された制度が8日間キャンセル(初期契約解除制度)です。

クーリングオフは2016年5月以前からも存在していました。

クーリングオフは強引な営業・勧誘により商品を買わされたり、購入した商品が話と全く違っていたりした場合に適用できます。

そんな、クーリングオフは光回線が対象外だったのです。

クーリングオフが対象外であることを良いことに、光回線を扱う悪質な代理店や営業が増えていきました。

クーリングオフがなければ、悪質な代理店や営業にだまされた私たちは泣き寝入りするしかありません。

そこで、「光回線もクーリングオフのような制度がないとおかしいじゃないかーーーーー!」となって誕生したのが8日間キャンセル(初期契約解除制度)です。

今回は、8日間キャンセルについてご紹介します。

ソフトバンク光の8日間キャンセルの条件

ソフトバンク光の利用を開始して8日以内に解約すれば違約金を支払わずに済みます。

具体的には、「ソフトバンク光の利用開始日」もしくは「契約書面受領日」のいずれか遅い日から8日間です。

8日間は意外に短いです。

もし、「ソフトバンク光の速度が遅い」「聞いていた内容と違う」と感じたら早めに決断しましょう。

ソフトバンク光の8日間キャンセルで請求される料金

8日間キャンセルで免除されるものは解約する際の違約金9,500円だけです。

以下のものは支払う必要があります。

  • ソフトバンク光の月額料金日割り
  • 工事費全額(24,000円)
  • 契約事務手数料全額(3,000円)
  • オプション料金の日割り(一部のオプション全額)

戸建ての場合、ソフトバンク光の8日間の料金は1,500円前後です。

そして、マンションの場合、ソフトバンク光の8日間の料金は1,000円前後です。

8日間キャンセルを利用すると、このくらいの月額料金を払います。

問題はソフトバンク光の工事費です。

ソフトバンク光を8日間しか使っていないのに工事費全額支払うのは家計に大打撃です。

8日間という短い期間のため早めの決断が重要です。

しかし、支払う金額が大きいためよく考えることも大切です。

ソフトバンク光の8日間キャンセルの申し込み方法

  1. 8日間キャンセル(初期契約解除)の申し込み書を作成する
  2. 初期契約解除受付センターへ郵送する
  3. 後日、担当者から連絡がくる

8日間キャンセルの申し込み方法は以上の流れで行います。

しかし、申し込み書の作成方法など詳細はわかりにくいです。

インターネットで調べれば申し込み書の作成方法が載っていますが、サイトによって違うので信ぴょう性に欠けます。

というわけで、8日間キャンセルに申し込む場合は最初に「ソフトバンク光問い合わせ窓口」に電話しましょう。

電話番号 0800-111-2009
受付時間 10時~19時(年中無休)

「ソフトバンク光問い合わせ窓口」に電話すれば、どうやったら8日間キャンセルに申し込めるのか教えてくれます。

また、8日間キャンセルをした時に発生する具体的な金額や、解約後に返却する機器なども教えてくれます。

8日間キャンセルを利用する際、「ソフトバンク光問い合わせ窓口」に電話をすれば、まず間違いありません。

電話をしたら8日間キャンセルを使う理由を聞かれますが、理由は何でも大丈夫です。

例えば、「速度が遅い」「ソフトバンク光に飽きた」「キャッシュバックが貰えない」など・・・。

ただ、「ソフトバンク光に飽きた」だと心証が良くないです。

8日間キャンセルに申し込む理由は「速度が遅い」が無難でしょう。

ちなみに、「速度が遅いことを証明してください。」など証拠がないと8日間キャンセルが使えない、なんてことはありませんのでご安心ください。

まとめ

以上、ソフトバンク光の利用を開始して8日間だけ使える8日間キャンセル(初期契約解除制度)をご紹介しました。

実際に、ソフトバンク光を使ってみないとわからないことがあります。

特に、速度は代表的なものです。

もし、あなたがソフトバンク光を利用して速度が遅かったり、思ったサービスと違うようだったら8日間キャンセルを検討してみてください。

その際、免除されるのは違約金だけなので注意してください。

最後に、ソフトバンク光の申し込みにオススメの代理店をランキングで紹介しております。

8日間キャンセルを使うことがない安心できる代理店ばかりなので、お役立ていただけたら幸いです。

ソフトバンク光代理店キャッシュバックランキング

ページトップへ戻る